カタチが持つ意味

February 24, 2017

 

 

「なんだか丸い形に惹かれる。」
丸いパールのついたアクセサリーとか、雪の中に佇むドーム状のかまくらとか、カルピスのパッケージの水玉だとか、、、。


私は以前から丸いものや丸みを帯びた形のものを美しいと感じることが多く、なぜなのかなと不思議に思っていました。

グラフィックデザインにも丸い形は多く見うけられます。
特に日本的で和な趣のあるデザインには多く使用されています。
多く使用されるということは、万人が好きな形であるということではないでしょうか?

 

丸にはプラスの意味がある

 

私が丸い形に惹かれる理由は、、、
正円なら均整のとれた感じ、楕円や丸みを帯びたものならやわらかい感じ、優しい感じがするからなのかなと思います。

 

丸=円にはこんな意味があります
・中心から等しい距離の点を結んだ形
・欠けたところがなく完璧である

 

「円」を用いた語句もいくつかあります。
「円満」という言葉は穏やかな様を表し、「円滑」という言葉では、物事が滞りなくうまく運ぶ様を表しています。


※因みに「円」は平面に描かれたもの「丸」は立体の意味で使い分けるそうです。(厳密に分けて使用する人は少ないと思いますが、、)

 

「あの人は性格が丸くなった」とか「丸」も物事がプラスの方向に向かう時に使うことが多いですよね。
日本はなんといっても国旗が日の丸ですし、太陽や月や地球の形も丸です。
学生の時にはテストで正解すると丸を、高得点だと花丸がもらえます。
つまり丸にはプラスのイメージがあるんですね。
丸という形を見て、嫌だな、嫌いだなって思う人って少ないんじやないかなと思います。
それは丸という形そのものの美しさに惹かれるのと同時に、子供の頃からプラスの意味を持つ形として触れてきているからなのではないでしょうか?


逆を考えれば、「不正解」や「ダメ」を意味する×の形を好む人ってあまりいないと思うのです。
「×大好きですよ」って人もいるとは思いますが、反発心の強い一部の人なのではないでしょうか。

 

カタチや色の持つ意味は国によって違う

 

丸には万人にとってプラスの意味がある!万人受けする形!
なんて思っていたわけですが、、、調べてみると形勢一転、雲行きがあやしくなってきました。
どうやら○を正解、バツを不正解の意味で使用してるのは日本だけで、
例えばアメリカでは正解には「チェックマーク」を、不正解には「×」を使用し「丸を」正解の意味として使用しないらしいのです。
国によって意味合いが違うんですね。

 

 

 

 

そういえば、外国製の機械を使った時にスイッチオンが「|」でオフが「○」になっており、
日本の感覚だとオンが「○」のような気がしていて、なんてわかりづらいんだ!と憤慨した覚えがあります。


メダルだってコインだって王冠だって円形だし、多分万国共通「丸」を悪い意味で使うことはあまりないとは思いますが、他国では日本ほどプラスの意味あいが強くはないのかなと思います。

 

“丸”という形ひとつとっても使い方や認識が国によって違っていたりするのです。
今まであたりまえに感じていた色や形における常識が、日本でしか通用しない事に気づきました。

 

例えば“女=赤”“男=青”の認識は日本では極めて一般的ですが中国では通用しません。
中国では赤は位の高さを意味するので、男性用トイレの標識を「赤」
女性用のトイレの標識に「青」を用いたりするようです。

日本人なら完全に間違えますよね。

 

また「緑色」の持つ意味は日本では「エコ」や「平和」などですが、欧米では「毒・怪物・嫉妬・不気味」などの意味を持ち、悪いキャラクターなどによく使用されるそうです。日本ではよくわからない感覚ですよね。


なるほどこういう時のためにユニバーサルデザインっていうのがあるんだなと思います。
※「ユニバーサルデザイン」とは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいいます。

 

多種多様な文化を持った人々が集まる東京五輪では、一体どんなユニバーサルデザインをみせてくれるのでしょうか?
デザイナーは考える事が山ほどありそうです。

 

出典
http://www.jalan.net/news/article/46407/

出典
http://writer-koei.jugem.jp/?eid=281

 

Please reload

特集記事

第3回WEBセミナーで集客術を公開-後半-

June 20, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ