「物よりコトを考える集客」を考える

September 30, 2017

 

お客さまのところに訪問したときに、施設や機能で売る(物で売る)事より
体験を売る(事を売る)と事を大事にしているというお話がありました。


体験を売る。単純にイベントやキャンペーンの事なのかと思いがちですが、

イベント・キャンペーンについても「物」を売る事なのかと思います。

お客様に来店してもらって、楽しい思い出を作って頂けたならば

きっと「コト」を売るという事なのだと思います。

 

 

もっと、考えてゆくと、接客こそが一番の「コト」で売るという事のだと思います。

スタッフの方の気づかい・おもてなし・配慮が行き届いたサービス。

また来店したくなる人間味あふれたサービスが「コト」で売るという事だと思います。


相手が見えづらいWEBではどうでしょうか?

相手見えないから、自分本位な見せ方になりがちな傾向にあるのかと思います。

相手が見えない分、実店舗の接客にない、見せ方伝え方が必要なのだと思います。


例えば、WEB制作会社のホームページで無料で出来るアプリサービスを探しているユーザーがサイトに訪れた時、どんな見せ方が、コトで売る見せ方なのだろうか?


アプリの特徴やスペックの良さを説明する見せ方より、そのアプリを使って何が出来て、どんな未来が予想できるのか。そして、アプリの活用方法をユーザーの予想を超えた付加価値をつける事で、自社のサービスを買ってもらう。という事なのだと思います。

 

 

見たことも・会った事もない見込み顧客を喜ばせる情報を出す事がWEB上で「コト」で物を売る
と言うことなのだと思います。


具体的な数字や実証が無いので、独り言の様なブログになってしまいましたが、
物ではなく「コト」で売りたい方がこのブログを読んで、反論やご意見を頂ければと幸いです。

 

 

ホームページの無料診断をやっております。
ご自身のホームページの内容が気になった際にはご相談ください。

Please reload

特集記事

第3回WEBセミナーで集客術を公開-後半-

June 20, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ