『飲める文庫』とはなんぞ?

October 30, 2017

 

 

10月27日は「読書の日」だそうです。

10月27日から11月9日までの2週間にわたり、読書を推進する行事が集中して行われる期間なんだそうです。知りませんでした。。

 

さて、そんな「読書の日」にふさわしい、あるものが発売されました。

キャッチピーは「飲める文庫」。

なんと太宰や漱石など、純文学の読後感を味わいで再現したコーヒーがリリースされたんです!

 

「文学の読後感を味で再現とはなんぞや?」思いますが、どうやって再現したかというと、今流行りのAIがここでも活躍しています。

文学作品に関する1万件以上のレビュー文を、コーヒーの味覚指標(苦味/甘味/余韻/クリア感/飲みごたえ)に変換した学習データを作成し分析したんだそうです。

 

「文学のうまみ、みたいなものを味で表現しようだなんて、よく考えたものだなあ」と感心してしまいました。確かに、読書中ってコーヒー飲む人多いと思います。読みながら飲んだら面白いだろうなあ。。。

 

商品化されたのはこちらの6作品。

■島崎藤村 著「若菜集」

■太宰治 著「人間失格」」

■夏目漱石 著「吾輩は猫である」

■夏目漱石 著「こころ」

■夏目漱石 著「三四郎」

■森鴎外 著「舞姫」です。

 

私は2冊くらいしか読んだことありませんが(しかも読んだのがあまりに昔すぎて内容もさだかでない。。。)普段もそんなに本を読むほうではないので「読むの大変だな~辛いな~」と思った記憶があります。なので私の読後感で分析したら、吹き出すほど「苦味」の濃ゆい味に仕上がりそうです。

 

この商品、アイデアも素晴らしいですが、パッケージがまた素敵じゃないですか?「人間失格」の表記が逆さになってる。人生コケてる感が出てますね。

 

読んでから飲むか、飲んでから読むか。

本を読んだきっかけがコーヒーだなんて、ちょっと面白いですね。

この文庫型ドリップパックセット、2,340円(税込)とちょっとお高めですが、読書好きの方のクリスマスプレゼントにいいかも知れません。

 

出典 https://www.fashion-press.net/news/34614

Please reload

特集記事

第3回WEBセミナーで集客術を公開-後半-

June 20, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ