マイクロコピー

March 27, 2018

マイクロコピーという言葉を聞いたことがありますか?

一般的にはWebサイトなどの、リンクボタンやお問合せボタンのラベルや説明文、お問合せ入力ページのエラーメッセージなど、ユーザーがアクションをしやすいようにするための短い説明文のことです。

この短い説明文(マイクロコピー)を入れることで、ユーザーを行動に繋がりやすくなることから、今いろいろなWebサイトが改善を急いでいます。

 

例えばネットショップなどの場合、いくつかのボタンを設置すると思います。

そのボタンに名前を付けるだけではなく、少しのテキストで丁寧に説明してあげると、ユーザーは『迷うことなく選ぶことができます』

 

ホームページは、ボタン(導線)がある以上、そこで離脱してしまう人が出てしまいます。

マイクロコピーはこの離脱率を改善するための施策です。

 

具体例をひとつ。ドミノピザさんのサイトです。

 

本来であれば、「ログイン」「配達」「お持ち帰り」だけで最低限の説明は足りています。

しかし、それぞれに丁寧に説明文を足していくことで、わかりにくいと感じるユーザーさんへの後押しにします。

「ログイン ご登録済みのお客様」「配達 ご希望のご住所まで商品をお届け」「お持ち帰り 最寄りの店舗で商品をお持ち帰り

太字の部分がマイクロコピーです。

どの人用のボタンなのか?を説明してあげることで、迷いなくボタンを押すことができます。

こういった小さな工夫が必要になった背景には、読むWebサイトから見るWebサイトに変化していっているからだと思います。

各ページ、説明文が足りなくなってしまうからこそ、ボタンやその周りにテキストを追加してあげることで、足らない情報を補ってあげる。

 

申込フォームも同様です。

 

申込フォームも登録ボタンの近くに、一言安心させる説明(マイクロコピー)があるとクリック率が上がるといわれています。

上記の例は、メルマガ購読の申込みですが、登録しても簡単に解除ができる旨を記載することで安心して、登録ボタンをクリックしてもらうという試みです。

 

 

みなさんのホームページにはマイクロコピーはありますか?

丁寧なサイト作りこそ、真にユーザーのためになると思います。

見た目がよいデザインだけではなく、『親切なデザイン』で作り上げることにより、効果的なサイトになっていくと思います。

 

 

 

Please reload

特集記事

第3回WEBセミナーで集客術を公開-後半-

June 20, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ